sigh

失くしたものを数えずに出来るだけ 


だけどみるみるうちに掌からこぼれ落ちていく

この欠片たちはいったいなんだ

日射しをよけて 嵐を抜けて やっと作り上げた水鏡に

おそるおそるかざした両の手は もはや何の役にも立たず

ぼたぼたと決して美しくはない音を立てて

乾いた土にしみ込んでいってしまう


もう何度目の繰り返し

また一からこの水鏡を磨くには

この日焼けた肌は言うことを聞きそうになく

ため息だけがこだまする

音の速さで
[PR]

by satsuki127 | 2010-09-11 02:37 | thinking